軟水と硬水の違い | 水と健康のブログ

E6B0B42
水には、軟水と硬水があります。
日本の水のほとんどが軟水といわれ、ヨーロッパの水が硬水といわれています。

軟水と硬水の違いはなんでしょうか?

硬水とは?

ミネラルウォータの主な成分に、カルシウムとマグネシウムがあります。

硬水とは、カルシウムとマグネシウムの含有量の多いミネラル分の豊富な水を指します。
日本で販売しているもので有名なのは、

コントレックス
エビアンが有名ですね。

コントレックスは、超硬水といわれ、その豊富なカルシウムはダイエットをする女性に人気です。また、マグネシウムも豊富に含んでおり、便秘解消にも効果があります。

エビアンは、普通にコンビニで販売しており、手軽に買える硬水です。

ヨーロッパに硬水が多いのは、地質的に石灰岩が多く、また平地が多いため、長い時間をかけて多くのミネラルを含むことができるからと言われています。

一方、日本では石灰岩が少なく、また地形も急峻な山河が多いためミネラル分をあまり含まない軟水が多いと言われております。

硬水は、ミネラル分が多いため、最初は苦みや独特の癖を感じる人も多いと思います。
一方日本人になじみの深い軟水は、ミネラル分があまり含まないため、まろやかで飲みやすい水です。

日本人は水からミネラルを得られない分、海藻などのミネラル分の豊かな食物をたくさん食べる習慣ができました。
また、出汁などの和食文化も、癖のない軟水だからこそ発達したのでしょう。

一方、硬水を多く含むヨーロッパでは、油分の多くこってりした食文化です。

カルシウムの豊富な硬水を飲料水とし調理に使っており、脂分が多くても消化できます。

また、こってりした料理を食べると中性脂肪や悪玉コレステロールの値が高くなりますが、アルカリ性の硬水を毎日飲んでいるので、脳梗塞や心筋梗塞などの動脈硬化になりにくいと言われています。

軟水と硬水、どちらが良いか?

ミネラル分が豊富な硬水も、現在では手軽にコンビニで購入できるようになりました。

硬水は確かにミネラルが豊富で健康促進やダイエット中の体調管理に非常に有効な水です。
特に心筋梗塞や脳梗塞を防ぐには、アルカリ性の硬水が効果的です。
また、コントレックスのような超硬水は、排便を促す効果があり、便秘の人に効果があります。

しかし、だからとって、硬水の水でお味噌汁やご飯を炊くと、美味しくありません。

日本の料理には軟水が合う。

その国の食文化には水と密接にかかわっており、軟水の日本では、軟水にあった食文化があります。

たとえば、
お茶
味噌汁
煮物
ご飯

これらは、硬水より軟水で作ったほうが大変美味しく炊けます。

肉類は、硬水で作ったほうが柔らかく食べることができます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ