水を飲む正しいタイミング | 水と健康のブログ

E1369631496107_1

1日に人間は通常、1リットル飲めば喪失した水分を補える計算になります。
その1リットルをどのように飲むのが正しいのでしょうか。

1リットルを一息で飲むのが良いか、それともこまめに飲むのが良いのでしょうか。

答えは、

コップ1杯の水を、こまめに飲むのが良いとされています。

水はこまめにゆっくりと飲む。

水は、ちびりちびりと、こまめにゆっきりと飲むのが良いとされています。

こまめに飲むことで、体が水分不足を感じることもなく、新陳代謝も活発に働きます。

逆に、体が水分不足を感じると、脳は「水を体内に排出するな」という指令を出し、発汗や尿を出さないなど新陳代謝が損なわれる働きをしてしまいます。

そのため、水は、こまめにゆっくりと飲みましょう。

飲み方として、30分おきにコップを半分ずつ飲むのが良いとされています。
1日10回、コップを1杯ずつ飲みます。

また、のどの渇きが強いときは2杯を目安に飲むと良いでしょう。

水を飲むタイミング

1日に水を飲むタイミングによって、吸収されやすい、吸収されにくいなどの違いがあります。

1 空腹時

空腹時は、水が最も吸収されやすいタイミングです。コップ1杯を飲むと良いでしょう。

食前に飲むことで、食欲が抑えられ、ダイエットにもの効果的です。

逆に食事中は飲まない方が良いです。なぜなら、水によって胃液が薄まり、消化の妨げになります。

2 甘い物を食べた後

おやつで甘いものを食べた後は、カルシウムが豊富な硬水を飲みと良いでしょう。

体内で糖分が分解される時、カルシウムが必要となるからです。

3 アルコールを飲んだ後

アルコールを飲んだ後、アルコールを分解する際、水が必要となります。

そのため、アルコールを飲む時に、ミネラルウォーターも一緒に飲むことで、悪酔い、二日酔いを防ぐことができます。

加齢とともに喉の渇きの感度は落ちる。

加齢とともにのどの渇きの感度は落ちてしまします。
そのため、喉が渇いていなくても、実際は、体の中の水分が不足している状態になってしまうこともあります。
特に女性は、水は喉が渇いていなくてもこまめに飲むことが必要です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ